書影:一流の仕事の「任せ方」全技術.jpg
amazon.png

一流の仕事の「任せ方」全技術 (明日香出版社)

「任せ方」ひとつで、メンバ−は輝きだすでしょう。
「任せ方」ひとつで、能動的に動いてくれるでしょう。
「任せ方」ひとつで、イキイキと活躍してくれるでしょう。

この本は、後輩や部下のいる方にむけて、任せることをめぐる悩みや、葛藤へのヒントになればと願いながら、執筆した1冊です。「リーダーになったばかりの人」「新任のマネージャー」「部下や後輩をもつようになって1年がすぎた人」などにとって、何かひとつでもヒントになればと願ってやみません。

 

一人ひとり、その時々と向き合うことで、きっと、任せる仕事も、任せる内容も、任せる範囲も広がりが見えてくると思うのですが、ただ一方で、任せることをめぐっては、葛藤や、心の壁となるものや、アンコンシャスバイアス(無意識の思い込み)があるのも事実。そこに目をむけた1冊でもあります。

<目次>第1章 メンバーに信頼される任せ方に必要なこと

第2章 成長につながる任せ方【伝達と采配】

第3章 成長につながる任せ方【相談と支援】

第4章 成長につながる任せ方【評価とフォロー】

第5章 リーダのあり方~任せる覚悟

第6章 「任せる」に影響をおよぼすアンコンシャスバイアス

「アンコンシャス・バイアス」マネジメント.jpg
amazon.png

「アンコンシャス・バイアス」マネジメント (かんき出版)

アンコンシャス・バイアス

=「無意識の偏見」「無意識の思い込み」「無意識の偏ったものの見方」

 

日本では2013年ごろから、ビジネス雑誌や新聞・テレビでも取り上げられるようになってきた。グーグルが、「アンコンシャス・バイアス」と名づけた社員教育活動を始めたことで一躍、有名になった言葉でもある。なぜ、今、注目されているのか?
最大の理由は、組織の発展において、多様性が重要になってきているからだ。

本書は、リーダーが身につけておきたい“必須知識”となった「アンコンシャス・バイアス」について、まずはどういうものかを知る、そして自分自身のバイアスに気づく方法、さらにはどのように対処していくか、メンバーみんなでバイアスに振り回されないチームになる方法を、事例をふんだんに交えながら解説する。

<目次>

Chapter 0  「アンコンシャス・バイアス」の正体

Chapter 1  自分の「無意識のバイアス」に気づく

Chapter 2  バイアスがあらわれやすい言動をやめる

Chapter 3  意識の置きどころを変える

Chapter 4  互いのバイアスに振り回されないチームになる

巻末付録   代表的な15のアンコンシャス・バイアス

アンコンシャスバイアス‗守屋.jpg
amazon.png

あなたのチームがうまくいかないのは「無意識」の思いこみのせいです―信頼されるリーダーになるたった1つのこと (大和書房)

これからのリーダーに知っておいてほしい「たった1つ」のこと=アンコンシャス・バイアス(無意識の思いこみ)を知ること

近年、GoogleやJohnson&Johnsonが社内教育で取りいれはじめ、話題の「アンコンシャス・バイアス」。「アンコンシャス・バイアス」に気づくと、メンバーと良好な関係を築くことができ、成果の上がる最高のチームになる。あなたの言動に潜んでいるアンコンシャス・バイアスに気づくヒントがきっとある!

<目次>

序 章 無意識の世界を知ることで、人も組織も変わる

第1章 「メンバーが理解できない」と嘆くリーダーへ

第2章 「メンバーのやる気をひき出せない」と悩むリーダーへ

第3章 「ビジョンが実現できない」ともがくリーダーへ

第4章 「イノベーションを起こせない」と苦しむリーダーへ

第5章 「働き方を変えられない」と困惑するリーダーへ

終 章 無意識に振り回されない組織をつくる

あなたの行動に潜んでいる<アンコンシャス・バイアス>シート

Muishiki-cover.jpg

▲台湾で翻訳本発売

 (2018年6月)

導く力.jpg
amazon.png

導く力―自分をみつめ、自ら動く (KADOKAWA)

他者は、あなたの何についてくると思いますか? これまで2万人以上のリーダー育成に携わってきた著者が、人や組織はもちろん、社会や自分自身をも導いていく真のリーダーの考え方を、質問形式で丁寧に解き明かす。

 

各項目の最後には、ドラッカー、アドラー、孔子、坂本龍馬、ニーチェ、ドストエフスキー、マーティン・ルーサー・キング、マザー・テレサ等、古今東西の偉人の名言も50紹介。また、​「導く人の生き方」と題したコラムには、被災地東北で出会った方々からの学びを綴っている。

<目次>

プロローグ 導く力ー大切なものを大切にする力

第1章 自分を導く
第2章 他者を導く
第3章 組織を導く
第4章 社会を導く
第5章 家族を導く

エピローグ 信じる勇気をもつ

シンプルリーダー.jpg
amazon.png

シンプルだけれど重要なリーダーの仕事 (かんき出版)

2万人以上のリーダーに研修を実施してきた著者が、当たり前のことだけど実行できない。知識として知ってはいるけど、行動にうつせていない。そんな項目を厳選して、わかりやすい切り口で明確に解説。……悩んだときに効く1冊!

<目次>

第1章 信頼のベースをつくる
第2章 チームをうまくまとめて動かす
第3章 仕事を任せる
第4章 メンバーの感情に寄り添う
第5章 メンバーの能力を引き出す
第6章 チームの温度を上げる
第7章 上司を巻き込んで社内政治を攻略する

超領導心理學.png

▲台湾で翻訳本発売

 (2017年4月)

株式会社モリヤコンサルティングへのお問い合せはコチラ